レンジャーズの上原が東野圭吾の「プラチナデータ」をレビューしている

寝屋川出身のメジャーリーガー、上原浩二さんが休日を満喫し、読書をして過ごされたようです。

参照はこちら(公式ブログ)。

レビューしている本は東野圭吾の「プラチナデータ」。

東野圭吾(wikipedia)
プラチナデータ(wikipedia)

wikipediaの内容によると、科学捜査官と刑事が登場するミステリー小説らしいです。

アメリカでもやっぱり日本語の本を読まれるんですね。

「いやぁ~、まさかの展開。あの人が犯人だなんて…(*^^*)」だそうです。

私も読みたくなってきました。まだ読まれていない皆さんも一度読まれてみてはどうでしょうか。

カテゴリ : 話題