打上川治水緑地の茶色いメタセコイア、芝生なども冬の雰囲気に【寝屋川紅葉めぐり2014】

紅葉のシーズンも間もなく終わりを迎え、落葉した木々の姿を見かけるようになりました。

打上川治水緑地では、茶色く色づいたメタセコイアの木が落葉間近になっています!
P1300327

公園の端にある、最も大きな木がメタセコイア。紅葉の時期が他の木よりも遅いのが特徴です。
P1300317

P1300324

11月16日に行われたエコフェスタ・農業まつりの際には、「ちょうど色づき始めたかな?」という状態でした。
P1270898

その時は他の木も色づいて見頃だっただけに、
P1270974

多くの落葉樹が枝のみとなった光景は、冬の到来を感じさせます。
P1300338

最後に残ったメタセコイアも、風が吹けば葉っぱが散りそうです。
P1300332

履き掃除をする人達。
P1300314

芝生も黄色くなっています。
P1300306

あと3週間もすれば2015年、時間の経過とともに植物の色がそれを物語っているよう。これから数か月間、寒い日が続きそうです。

【地図】打上川治水緑地

大きな地図で見る

カテゴリ : フォト