高校野球大阪独自大会の1回戦が終了。~寝屋川市内の高校は寝屋川高校が2回戦進出~

新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止になった「第102回全国高校野球選手権大会」(夏の甲子園)の代わりに、大阪府高校野球連盟が独自に「令和2年大阪府高校野球大会」を7月18日(土)から開催しています。

P1410119
※資料写真(寝屋川公園野球場で野球風景を撮影)

例年のように勝ち進んでも甲子園に行くことはできませんが、高校球児にとっては貴重な試合の舞台となっているようです。

寝屋川市内の高校の試合結果はどうなっているのでしょうか。まとめてみました。


①大阪府立寝屋川高校
P1370939

・1回戦(7月19日)

・寝屋川 6-4 関西大倉高校

寝屋川高校は2018年に北大阪大会でベスト8(5回戦の準々決勝で履正社高校に惜敗)の成績を上げている公立屈指の強豪校です。今年も無事1回戦を突破しました。

25日(金)に大商学園高校と2回戦を行う予定でしたが、雨のため延期になっています。


②大阪府立北かわち皐が丘高校
P1390444

・2回戦(7月22日、豊中ローズ球場)

・履正社 14-1 北かわち皐が丘(5回コールド負け)

北かわち皐が丘高校は、第101回全国高校野球選手権大会(2019年夏の甲子園)で星稜高校を撃破して優勝した強豪・履正社高校と対戦。その結果、14-1で5回コールド負けを喫しました。


③大阪府立大学工業高等専門学校
P1150075

府大高専は今大会には出場していないようです。


④同志社香里高校
P1050823

・1回戦(7月19日、万博記念球場)

・(箕面学園)8 - 6(同志社香里高校)

同志社香里高校は7月19日(日)に箕面学園と試合を行いましたが、惜敗。残念な結果となりました。


寝屋川市内の高校で唯一勝ち残っている寝屋川高校には、今後も頑張って欲しいものですね。

【関連記事】
寝屋川高校は1957年に甲子園で王貞治と2度対戦(2015年6月) 
同志社香里高校ダンス部が高校野球のCMに出演!7月中旬から全国で放送中!(2015年7月) 

カテゴリ : 話題