今年も電通大で「卵落としコンテスト」が実施されたみたい!6チームが18m落下しても卵が割れない緩衝器の制作に成功!

大阪電気通信大学寝屋川キャンパス(初町)で5月24日(金)に毎年恒例の「第13回卵落としコンテスト」が開催されました。

P2690073
※資料写真

卵落としコンテストは、指定された素材(ケント紙やセロハンテープなど)を使って学舎の5階から卵を落としても割れない緩衝器を製作する課題で、工学部基礎理工学科の新入生が毎年取り組んでいます。

18m下の地面に落下する卵を割らないためには、パラシュートやプロペラをつけたりするなど独創的なアイディアが求められ、物づくりのセンスを養えるのが特徴となっています。


電通大の公式ホームページによると、今年の新入生らは試行錯誤しながらも緩衝器を1か月かけて製作し、イベント当日は20チーム中6チームが卵を割らずに落下させることに成功したのだとか。


6チームの中で最も目標に近い位置に落下させた1チームには、優秀賞とホールインワン賞が贈られました。


他にも割れた卵の調理や各チームのプレゼンなども行われて楽しいイベントとなったようです。

卵落としコンテストについて詳しく知りたい方は、電通大の公式ホームページをご覧ください。


【地図】



【関連記事】
・電通大のイルミネーション(2013年 / 2014年 / 2015年 / 2016年
・プロジェクションマッピング(
2014年 / 2015年 / 2016年
電通大が建築学科とゲーム&メディア学科を設置へ(2016年10月)