消費増税でガソリン価格が約5円/L上昇。スタンドは閑散とした状態に

本日から消費税率が5%から8%へ引き上げられました。それに伴い、寝屋川市内にあるガソリンスタンドの小売価格も1リットルあたり5円程度値上がりしています。

P1090876


アルプラザ香里園の近く(国道170号線沿い)にあるガソリンスタンド2カ所で、3月末のとある日と4月1日の両日で比較してみました。

まずは出光に行ってみますね。
P1090734

増税前(上の写真)と比べると、明らかに客の入りが変化しています。
P1090877

ビフォー。
P1090731

アフター。
P1090876

軽油が3円、レギュラー4円、ハイオクが5円それぞれ値上がりしています。

続いて、エネオスに行ってみます。

ビフォー、
P1090740

アフター。
P1090881

給油客が減るとともに、軽油が3円、レギュラーとハイオクが5円ずつ値上がりしています。レギュラーを満タン給油すると200~300円程度出費が増える計算になります。

今回は2カ所のスタンドしか見ませんでしたが、増税後は会員価格だと、だいたい155円前後で給油できるようです。

消費税率8%の適用はまだまだ始まったばかり。これからどのように暮らしへの影響が出るのか、注意深く見守っていく必要があると感じたマーくんでした。

【関連記事】
鉄道会社が消費増税に伴う運賃改定を申請。京阪は初乗り運賃以外全て+10円(2013年12月17日)
京阪電車の運賃表が増税に備えて仮タイプのものになってる(2014年3月28日)
明日から消費税率は8%。鳥飼仁和寺大橋の通行料は引き続き100円(2014年3月31日)


コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
香里園駅周辺エリア
寝屋川市駅周辺エリア
萱島駅周辺エリア
寝屋川公園駅周辺エリア


YouTube公式チャンネル

最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード