上原浩治投手が開幕絶望、故障者リスト入りで長期離脱の可能性も

日本のプロ野球もいよいよペナントレースが始まり、元メジャーリーガーが圧巻のピッチングを見せるなど盛り上がりを見せていますね。

海の向こう・メジャーリーグでも4月5日に開幕を迎えて今シーズンがスタートしますが、気になるニュースが入ってきました。

ボストン・レッドソックスで活躍する寝屋川市出身のメジャーリーガー・上原浩治選手が左太もも裏の張りで調整が難航し、開幕戦の出場が絶望的になったそうです。

日刊ゲンダイの記事によると、レッドソックスの監督は故障者リスト入りを検討しているとみられ、長期的な離脱の可能性も出てきました。

LINK:左太もも裏痛レッドソックス上原「いつ戻れるか分からない」
(2015年3月31日配信)
上原 開幕絶望 日刊スポーツ

本人も開幕戦の復帰を否定し、しばらくはリハビリメニューをこなすそうです。公式ブログでは

1日でも早く復帰したい。でも焦ってはいけない。そんな気持ちで毎日を過ごしているけど、やっぱり面白くないよなぁ(^^;;
今日ブルペンで投げたけど、怖さがあるし全然ダメやな。時間が治療法かな。出来ることをコツコツやっていくしかないか…

という内容の記事(3月29日付)が配信されています。

上原さんがワールドシリーズの胴上げ投手となったのは、2013年のシーズンでした。下位に低迷した昨シーズンから巻き返すには不可欠な存在なだけに、1日でも早い復帰が望まれます。

試合に出られないのは残念ですが、完治してから再び活躍する姿を見られたら嬉しいですね。

【関連記事】
上原浩治選手、2年19億円で契約更改!40代も活躍が期待できそう(2014年11月)
公式Twitter

カテゴリ : 話題