打上川治水緑地の茶色いメタセコイア、2015年の紅葉シーズンは間もなく終わりに

紅葉のシーズンも間もなく終わりを迎え、落葉した木々の姿を見かけるようになりました。

そんな中、打上川治水緑地ではメタセコイアの木が茶色く色づき、綺麗な光景になっています!

P1530526

緑地の端にある最も大きな木がメタセコイア。紅葉の時期が遅く、最後に落葉するのが特徴です。
P1530492

P1530538

11月15日に行われたエコフェスタ・農業まつりの際には、「ちょうど黄緑色に色づき始めたかな?」という状態でした。

P1510275

それだけに、季節の移り変わりを感じます。

また、園内の芝生が黄色くなり、堤防に植えられた桜の木は完全に冬仕様です。
P1530478

P1530520

P1530518

あと半月で2015年も終わりますね。2016年を迎える頃には、メタセコイアの木も完全に落葉した状態になっていることでしょう。

【地図】打上川治水緑地

大きな地図で見る


【関連記事】打上川治水緑地に関する記事
・茶色いメタセコイア(2014年) 

カテゴリ : フォト