お酢をかけると色が変わる!電通大と開発した四國うどん河北本店の「電ツ~うどん」

まずは早食いを止めて味わいながら食べなければならないと思っているマー君です。

グルメ記事の再挑戦となる今回は、河北西町にある「四國うどん河北本店」にお邪魔しました~!

P1530546

四國うどんといえば、池田北町の寝屋川店に馴染みのある方が多いかもしれませんが、国道170号線を南下して四條畷市を通り抜けた所(深北緑地の東側)にあるのが、河北本店です。
P1530580

P1530549

パン屋の窯火堂が併設されているのも同じです。(寝屋川店に併設されていた窯火堂は残念ながら閉店してしまいましたが。)
P1530550

四國うどんの1階がコの字型のカウンター席、2階がテーブル席という構成も共通でした。

お店の詳しいメニュー表は公式ホームページをご覧いただくとして…、今回のお目当ては今巷で話題になっている「電ツ~うどん」(780円)です。

「電ツ~うどん」は、大阪電気通信大学工学部基礎理工学科の学生が開発した、うどんに付属のユズ酢をかければ紫色からピンク色に変化するという一品です。

うどん粉には、酸性の果汁と化学反応する成分を含んだムラサキイモが練り込まれていて、マジックショーを楽しみながら食べることができるのです!

それがこちら!
P1530555

店員さんによると、「お酢がかかっている方が右側、かかっていない方が左側」らしいです。

予備知識がないと何から始めて良いのか迷いますが、
ひょうたん型のお皿は色の変化が分かりやすいように考案されたもののようです。

さっそく左側のうどんにお酢をかけ、

P1530557

お酢がまんべんなく行き渡るように混ぜます!
P1530564

1分後、ちょっとピンク色に変化したかな…?
P1530565

あまり目立った変化がなかったのは、右側にもお酢をかけてしまった(左側にかける量が少なかった)ためでしょうか。あるいは、お酢がかかっている右側にだけ更にお酢をかければ良かったのかもしれません。綺麗な色に変化させるには、少しコツがいる?ようです。

続いて、ネギと生姜を混ぜてつゆを作ります。
P1530562

P1530568

「お酢をかけたうどんを食べるのって、どうなのかな~?」と思っていましたが、つゆにつけて食べると、ほとんどお酢の味はしなかったです。

うどんの食感はモチモチ~。小麦粉の配合率や麺の太さもユズの果汁を吸いやすいように試行錯誤されて開発されたしく、それが美味しい歯ごたえを生んでいました。

1人の大学生がアイディアを出したことから始まったうどんが、寝屋川市の「ワガヤネヤガワ・ベンチャービジネスコンテスト」入賞を経て、老舗うどん店と共同で商品化されたのは本当にすごいですね!

1日十数食限定で売り切れる可能性もありますが、皆さんも来店した際には試してみてはいかがでしょうか。

【地図】 


【関連記事】
四國うどん寝屋川店(池田北町)の冷やし肉わかめびっかけうどん(2015年8月) 


この記事へのコメント

1. 宝町のサクラの姉   2015年12月17日 23:53
こんばんは☆。・.*・゚
.面白いおうどんですねぇ~♪
寝屋川市の広報にもベンチャービジネスコンテストの大賞をとった方が載っていましたが→四国うどんサンともコラボしていたんですねぇ~っ!

池田の窯火堂サンはホント残念で…四国うどんの店員サンが閉店を教えてくれて→その後隣の窯火堂サンでパンや窯火クッキーを沢山買ったのが今でも懐かしぃです(涙)

もう少しで今年も終わっちゃぃますが→ま~君も無理のないよう半月を乗り越えて下さいなぁ。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
香里園駅周辺エリア
寝屋川市駅周辺エリア
萱島駅周辺エリア
寝屋川公園駅周辺エリア


YouTube公式チャンネル

最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード