ガソリン価格が2年半ぶりの高値。~寝屋川市内は144円前後が相場みたい~

原油高を背景にガソリンの小売価格が4週連続で値上がりを続けています。

P2330937

資源エネルギー庁が1月17日(水)に発表した店頭価格(1月15日時点、全国平均)は143円20銭/Lで、約2年半ぶりの高値をつけたそうです。

寝屋川市内のガソリンスタンドを1月21日(日)に見て回ると、通常価格でだいたい144円/Lぐらいのところが多かったです。

・出光(日新町)
P2330939

・ENEOS(豊里町)
P2330950

灯油は1530円/18Lぐらいでした。
P2330943

当サイトを立ち上げて最もガソリン価格が安かったのは、2016年2月の100円/L前後。

P1580136

逆に最も高かったのは、2014年夏ごろの170円/Lに達していた時期なのではないかと思います。

今回の原油高は産油国のイランで反政府デモが起きて政情不安が広がっていることや気温の低いアメリカで需要が拡大していることなどが背景にあるようです。

来週もガソリンの価格は上昇する可能性が高く、しばらくは我慢が必要と言えそうです。

【関連記事】
・ガソリン価格(2014年4月2015年1月2016年2月) 

カテゴリ : まちの変化 

この記事へのコメント

1. K   2018年01月21日 22:53
高いけど。。
自転車通勤にすると交通費出なくなる。