楠根南町バス停の東行きが東に200m移転、新しい場所は国道170号線楠根交差点の近く

4月1日から楠根南町バス停の東行きが東側に200mほど移転しています。

P2060739

府道21号八尾枚方線(中木田交差点)と国道170号線(楠根交差点)のちょうど中間ぐらいにある住宅街のバス停で、3月末までは両方向ともデイリーヤマザキの近くにありました。
P2060736
※高倉方面を向いて撮影

P2060737 - 拡大

それが東行きだけ国道170号線楠根交差点の近くに移転しています。

P2060439
※高倉方面を向いて撮影

P2060444

現地のお知らせによると、移転の理由は旧設置場所の交通環境を鑑みた結果なのだそうです。
P2060743

西行きと東行きが200mほどずれた形になっていますが、同じバス停がこれほどまで離れているのは少し珍しいかもしれませんね。

人によっては「バス停の近くに住んでいたのに、遠くなった!」というケースもあったりするのでしょうか。

ご利用の際は、ご注意ください。


【地図】


【関連記事】

京阪バスでピタパやイコカ以外のICカードが使用可能に(2016年3月)
京阪バスが磁気カードの発売・利用終了を発表。ICカードを活用した新しいポイントサービスも利用開始へ(2017年2月)
4/1から電通大駅前キャンパスのバス停が新設(2017年3月)

※「東寝屋川の人」さん、 情報提供ありがとうございました!

カテゴリ : まちの変化 

この記事へのコメント

1. ひろき   2017年04月16日 23:18
そんなに道路状況が変わる訳無いのにな。
2. ぬこじ   2017年04月20日 21:28
ここよりも 菅原神社のバス停もう少し北にしないと バス止まった時にカーブミラーが役にたってない
3. ひろき   2017年04月22日 15:18
>2 安全性より利益優先と違いますか?
何せ重大事故二件、行政処分もありますから