摂南大学が現代社会学部(仮)の設置構想を発表。2023年4月に寝屋川キャンパス内に開設へ

摂南大学(寝屋川市池田中町)が2023年4月に「現代社会学部」(仮称)の設置を構想していると発表しました。

P2220381
※資料写真(2017年撮影)

摂南大学は隣接する日本ペイントの跡地を買収して寝屋川キャンパスの拡張を進めていて(日本ペイントの跡地は東グラウンドとして供用済み)、今回増設される学部が1つ明らかになった形です。
P3190649
※府道149号線側から2020年4月に撮影

発表によると、「現代社会学部」(仮称)の詳しい概要は以下の通りです。

(1)設置位置:寝屋川キャンパスに建設される新校舎

(2)入学定員:250人(収容人員1000人程度)

(3)設置時期:2023年4月

(4)学位:社会学(予定)

(5)分野構成
・情報社会学専攻
・メディア社会学専攻
・社会心理学専攻
・スポーツ社会学専攻
※専攻名は仮称


学部の定員は約250人。4学科の設置が構想されているようです。

摂南大学には現在8学部17学科あり、新設学部が開設されれば9学部21学科体制となります。

〈摂南大学の現在の学部〉
・法学部
・外国語学部
・経済学部
・経営学部
・理工学部
・薬学部(枚方キャンパス)
・看護学部(枚方キャンパス)
・農学部(枚方キャンパス)


摂南大学を受験する学生の選択肢がまた1つ増えることになりそうですね。

【地図】 


【関連記事】
同じ場所の記事
摂南大学が日本ペイントの用地取得を発表。校地は4割増に(2015年11月)
日本ペイントの跡地が更地に(2018年2月)
・セブンイレブン摂南大学前店(出店計画建設中開店

カテゴリ : 話題 

この記事へのコメント

1. なんだかなぁ   2020年08月14日 22:46
中堅大学の迷走にならなきゃいいけど。