建設工事が進むGLP寝屋川の鉄骨が見えてきた。完成後は丸二倉庫の単独利用も決定済み

小路南町(寝屋川市南部)で建設中の大型物流施設「GLP(グローバル・ロジスティック・プロパティーズ)寝屋川」の鉄骨が見えてきました。

P2240579

第二京阪道路と国道170号線(外環状線)に近い立地の小路地区を計画的に市街化する寝屋川市の土地区画整理事業(2014年12月に認可)に伴う開発で、GLP寝屋川の建設現場は右下の青い部分です。(青色が工業地、黄色が住宅地、ピンク色がラ・ムーの出店が予定されている商業地。)
 市街化計画図2
※寝屋川市の発表資料から引用

現地では前の道路の拡幅工事が進むとともに、鉄骨を組み上げる大きなクレーン車が登場しています。
P2240540

P2240594

組み上がった鉄骨は、まだまだ一部のようです。
P2240616

P2240625

GLPの発表によると、GLP寝屋川の規模は地上4階建て、延べ床面積が27,000㎡。複数の会社が入居するマルチテナント型にも対応した設計ですが、既に丸二倉庫が1社で占有(BTS)して使用することが決まっています。

総開発コストは約50億円で、完成は2018年春の予定です。
GLP寝屋川 完成予想図
※GLPの公式ホームページから引用

実際に完成すれば、内陸部にある物流拠点としては最大級の施設になりそうです。

【地図】

【関連記事】
・区画整理事業の進捗(計画段階遺跡の説明会GLP寝屋川の進出決定道路の拡幅工事ラ・ムーの出店計画