上原浩治投手がMLBの球宴に初登板!わずか4球でバッターを三振に

スポーツの話題です!

ボストン・レッドソックスでプレーする寝屋川出身のメジャーリーガー・上原浩治さん(39歳)が、7月15日(日本時間16日)にミネソタ州ミネアポリスで行われたオールスター戦に登板し、ピンチを三振で切り抜ける好投を見せています。

LINK:球宴でさらなる高評価 上原に「エンゼルス移籍有力」報道(2014年7月17日付 日刊ゲンダイ)
上原球宴に登板
上原さんが登板したのは、6回表ツーアウトランナー三塁の場面。上原さんは得意のフォークボールを投げるなどの配球(初球がストレート、2球目以降は全てフォークボール)で、バッターをわずか4球で空振り三振(3球目のファール以外は全て空振り)にしとめ、2点のリードを守りました。

その後、両チームともに無得点のまま試合は終了し、アメリカンリーグがナショナルリーグを5対3で下すことに。

LINK:オールスター速報(スポーツナビ)
スポーツナビ オールスター

その中で上原さんはどのような心境だったのでしょうか。ご本人のTwitterを見てみると、オールスター戦前後の様子について、いろいろとつぶやかれていたのでご紹介していきます。

オールスターの試合が始まる前には、


という感じで、渡米して6年目でオールスターに初選出されたとあってか、ハラハラドキドキする様子が伝わってきますね。

そして、登板後の様子がこちら。

とても嬉しそう。

上原さんは、元々オールスター選手には入っていませんでしたが、ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手が故障で辞退したため、代わりに選出されたという経緯があります。昨年のダルビッシュ有投手のように、選ばれながらも試合には出場しないという可能性があったので、わずか4球ながらも登板の機会があり、良かったです。結局アメリカンリーグはダルビッシュ有選手を含む総勢11人のピッチャーが登板し、総力戦(というよりも、できるだけ多くの選手が出られるようにする措置?)となりました。

ピンチの場面で登板するというのが、抑えのピッチャーとして活躍する上原さんらしいと言えそう。微力ながらもアメリカンリーグの勝利に貢献し、他球団からの評価が高くなったとも報道されていますよ!

「寝屋川市内のローカルな話題だけでなく、海の向こうに広がる世界にも目を向けていこうよ」というワールドワイドな精神で書いているメジャーリーグネタ。寝屋川というローカルな地域から世界に羽ばたいたスポーツ選手が後半戦も活躍し、2年連続でワールドシリーズを制覇できるといいですね!

【関連記事】
上原浩治選手がポストシーズンをフル稼働1勝3セーブの大活躍!! 勝利とセーブの両方を挙げるのは日本人投手初の快挙(2013年10月)
レッドソックスがワールドチャンピオンに!世界一を決める胴上げ投手は上原浩治さん(2013年10月)
上原浩治さんが帰国されています!昨日はニュース23に出演されたみたい(2013年11月)
本日のサンデースポーツは上原浩治さんが出演!クローザーとしてのスゴ技を語る!(2013年11月)
1月24日に放送される「A-studio」のゲストは上原浩治さん(2014年1月)
オバマ大統領がホワイトハウスで表敬訪問した上原浩治さんを賞賛。今季も初セーブで活躍の期待(2014年4月)

カテゴリ : 話題