12/14はふたご座流星群が極大、三大流星群の1つを楽しもう

12月14日(日曜日)は、「ふたご座流星群」が極大(ピーク)を迎える日です!

ふたご座流星群
※出典:YouTubeから引用

ふたご座流星群(wikipedia)は、しぶんぎ座流星群(1月)と ペルセウス座流星群(8月)に並び、年間三大流星群の1つとされている流れ星です。

動画でその様子(2012年12月12日に岡山県で撮影)を見ると、こんな感じ。


17秒や25秒辺りに「ヒュ~ン」と流れ星が光っているのが分かりますでしょうか。1分55秒過ぎからは見ごたえがあります。

ふたご座流星群は最も夜の長い時期に出現し、他の2つと比べても流星数が多い(=当たり外れが小さい)のが特徴で、多ければ1時間に100個の流れ星が観測できるそうです。今年の極大日は、1時間に20~30個程度の観測が可能と見られています。

見ごろを迎えるのは、14日の21時頃。(深夜や明け方になると、月の明かりで見えにくくなる。場所はできるだけ暗いところがオススメ。)

寝屋川市内の天気は晴れ時々曇りで、最高気温も一桁(8℃)が予想されていますが、実際に流れ星を見ることができれば嬉しいですね。(極大日以外でも、ふたご座流星群の観測は可能です。)

流れ星を見てみたい方は、ぜひ。


コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
香里園駅周辺エリア
寝屋川市駅周辺エリア
萱島駅周辺エリア
寝屋川公園駅周辺エリア


YouTube公式チャンネル

最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード