上原浩治投手が日米通算100勝100セーブを達成、史上7人目の快挙

寝屋川市出身のメジャーリーガー・上原浩治投手(ボストン レッドソックス)が4月10日のブルージェイス戦に登板して今季6セーブ目を挙げ、日米通算100セーブを達成しました。

LINK:上原 日米通算100勝100S 斉藤隆に次ぎ2人目
(東京新聞:2015年5月11日配信)
通算100セーブ

上原選手は既に日米通算で129勝を挙げており、日本人史上7人目の100勝100セーブ記録達成です。

上原選手は元々先発投手としてデビューを果たしました(プロ1年目に20勝をマーク)が、巨人時代後半からけがの影響で抑えの仕事も経験。レッドソックスに移籍してからは本格的なクローザーとして
ワールドシリーズの胴上げ投手にもなり、今回の記録達成になりました。(記録の内訳は巨人時代が112勝33セーブ、メジャー時代が17勝67セーブ。)

本人は記録達成に際し、
公式Twitterで以下のようにコメントしています。

40歳になっても衰えを感じさせないピッチングに、今季も期待が高まります。

【関連記事】
上原選手がワールドシリーズの胴上げ投手に(2013年)
上原浩治選手、2年19億円で契約更改!40代も活躍が期待できそう(2014年11月)
上原浩治投手が復帰登板、今季初セーブ!衰えを感じさせない投球に今年も期待(2015年4月)

カテゴリ : 話題