JR忍ヶ丘駅近くで見かけた「木津」の地名のままの標識【プチフォト】

JR忍ヶ丘駅近くの府道20号枚方泉佐野富田林線を通りかかると、古い地名が書かれたままの道路標識を発見しました。

P3040346

こちらの看板に「木津 門真」と書かれているのが分かります。京都府木津町は2007年に合併して木津川市になっているのに、表記は10年以上そのままです。
P3040348

国道163号線の標識は古い地名がほとんど「木津川市」や「伊賀」に変更されているので、ここでしか見られない珍しい光景かもしれません。

「木津駅」行きの電車を頻繁に見かけるこの辺りでは、変更しなくても特に問題ないということなんですかね~。

【地図】


【関連記事】

アドバンスロードに準中型免許に対応した道路標識が登場(2017年3月)

カテゴリ : フォト