又吉直樹の芥川賞作品「火花」のドラマ版がNHKで放送決定!2/26から全10回

又吉直樹さん(寝屋川市出身)の第153回芥川賞作品「火花」を原作とした実写ドラマ版が、2月26日からNHK総合で放送されることが分かりました!

P1470047
※資料写真(受賞作の「火花」)

火花の原作は若手お笑い芸人の主人公が先輩芸人と青春の日々を過ごす内容の中編小説としてお馴染みですが、2016年6月に初めて実写化され、大手インターネット動画配信サイトのNetflixで世界配信が始まりました。今回のNHKでの放送決定は、このネット発の連続作品がテレビ番組にも進出するというもので、より身近に「火花」を楽しむことができるようになりそうです。

原作の世界観が忠実に再現されているという映像作品(全部で10話)は、以下の役者さんが出演しています。

①主人公(徳永):林遣都さん

②主人公の先輩芸人(神谷):波岡一喜さん

③先輩芸人の同居人(真樹):門脇麦さん

いずれも実力を兼ね備えた人気俳優で、NHKの放送は各回45分(ネット配信では50分でした)となる予定です。

実際に放送が始まるのが今から楽しみですね。

【関連記事】
又吉さん文芸誌デビュー / 芥川賞受賞の垂れ幕が登場
流行語大賞に又吉さんがノミネート / 又吉さんが ベストドレッサー賞を受賞
又吉さんの火花が本屋大賞にノミネート!4/12に大賞発表へ(2016年1月)

カテゴリ : 話題 

この記事へのコメント

1. あわ   2017年01月18日 18:38
おっ待ってました!
…と、言いたいところだけど先に映像見ると小説読む楽しみ半減するしなぁ。
そんなことより先単行本化して欲しい!!
2. え   2017年01月19日 15:57
単行本はとっくに出てるでしょ。
3. おそらく   2017年01月20日 08:54
文庫本と言いたかったんじゃないのかな