2016年も地面から水がブッシャー!夏休み中の寝屋川公園は噴水が毎日稼働中!

連日最高気温が35℃を超えるような猛暑の日々が続いていますが、今回の記事ではそんな暑さを吹き飛ばしてくれるスポットをご紹介いたします!

大阪府営寝屋川公園では毎年5月になると中央広場に噴水が登場しますが、夏休み期間中は平日も含めて毎日稼働中です!

夏休み中のとある日に中央広場を訪れると、たくさんの子供達が噴水を楽しんでいる様子でした!

P1730824
寝屋川公園の中央広場といえば、毎年12月になると大きな木がイルミネーションされたり、寝屋川ハーフマラソンの際に表彰式が行われたりすることでお馴染みです。(下のマップの左側)
P1020136

その中央広場の地面には、なんと水が噴き出す仕組みがあるのです!
噴水の稼働時間が近づいたら、自然に水着姿の子供達が寄ってきました!
P1730577

予告の放送とサイレンの後に、水が出てきましたよ~!
P1730595

最初の方は一部の場所のみでチョロチョロですが…、
P1730617

徐々に水が強くなり始めます。
P1730605

自動制御された噴水は途中で強くなったり、弱くなったり。まるで芸術作品のようです。
P1730670

P1730696

P1730747

P1730621

後半になると水の勢いは更に強くなり、とても涼しそうでしたよ。
P1730824

この噴水は、基本的に毎時00分~15分までの15分間運転されます。
P1730571

9月25日までの稼働(土、日、祝日のみ)期間のうち、8月31日までは毎日楽しめます。

注意事項としては、噴水の黄色い線の内側に入るのは基本的に自己責任です。噴水の中に入ると、当然濡れます。服が濡れるのが気になる方は、濡れても大丈夫な服装でトライしましょう!(濡れてもすぐに乾きますけど)。
P1730572

また、顔を吹き出し口に近づけると危ないのでご注意を!
P1730837

噴水が稼働していない時間帯は、時計塔と中央広場の間にある水路で水遊びをするのがお決まりになっているようです。
P1730568

こちらもなかなか涼しそうな印象でしたよ。

寝屋川公園には有料の駐車場がありますが、休日にスポーツの試合などが重なると利用率が高くなる場合があるので注意が必要です。公共交通機関を利用する場合、東寝屋川駅から徒歩でアクセスするか、京阪沿線からはバスのご利用をお勧めします。

詳細は寝屋川公園の
公式ホームページをご確認ください。

【地図】寝屋川公園

大きな地図で見る

【関連記事】
・イルミネーション(
2013/2014/2015
・噴水(
2014/2015