電通大が制作に協力!梅田のHEP FIVEにハロウィン仕様の「ホラー観覧車」が登場!

梅田の商業施設「HEP FIVE」の屋上にある赤い観覧車で、大阪電気通信大学(本部:寝屋川市初町)が制作に関ったハロウィンのホラーイベント「怪談車」が開催されています。

P2580598

ゴンドラに怖いペイントがされている&乗車中に怖い音声が流れるのが特徴で、電通大の総合情報学部(デジタルゲーム学科、ゲーム&メディア学科)が企画・制作、企業との検討や音響制作などで協力したそうです。(電通大の報道発表より)

ホラー観覧車は「1人ぼっち編」と「呪われた観覧車編」の2種類があり、どちらも怖くてハロウィンらしさを楽しめるのが特徴です。

体験乗車の様子や電通大生へのインタビューは、以下の動画をご覧ください。



電通大生によると、「音に注目して欲しい」、「狭くて下りられない空間で色々な悪霊に襲われる」、「1人ぼっち編の方は、最初は緩くて途中から一気に怖くなる」らしいです。

電通大は寝屋川市のご当地ナンバープレートの制作に協力するなど、産学連携プロジェクトに積極的ですが、また面白い企画に携わりましたね。

HEP FIVEのホラー観覧車「怪談車」は10月31日(水)まで体験することができます。(最終搭乗は22時45分まで)

梅田に行かれた際には、体験してみては。

【地図】


【関連記事】
・電通大のイルミネーション(2013年 / 2014年 / 2015年 / 2016年
・プロジェクションマッピング(
2014年 / 2015年 / 2016年 / 2017年
電通大が建築学科とゲーム&メディア学科を設置へ(2016年10月)