寝屋川市の魅力が詰まったオリジナルの絵本が完成!~子育てリフレッシュ館「リラット」が市民らと作成~

寝屋川市立子育てリフレッシュ館「RELATTO」(リラット、錦町)が絵本を通じて施設の愛着や利用を高めるため、リラットの公式キャラクターが登場する絵本を制作しました。

絵本の読み聞かせ
※寝屋川市企画三課提供

市民(公募で選ばれた子育て世代)やアートプランナー、デザイナー、保育士らが制作に携わり、完成版のお披露目(読み聞かせ)が12月22日(日)のクリスマスイベントで行われたようです。

P2540334
※2018年撮影

完成した絵本(6回の会議で内容を決定)は、リラットの世界観を反映したものとなっており、作中に寝屋川市内の名所(打上川治水緑地の桜並木など)も登場するのが特徴です。

「リラットの絵本を通じて寝屋川市をもっと知って欲しい」、「子供から大人までこの絵本を読んでほっこり癒されて欲しい」という願いが込められているみたいですよ。

絵本は22日のイベントで配布されただけでなく、市内の幼稚園・保育園、図書館などに配架される予定とのこと。


【地図】


関連記事】
寝屋川市役所がリニューアル、教育委員会も錦町から本庁舎東館に移転へ(2013年5月)
教育委員会の旧庁舎が間もなく解体へ(2016年9月)
錦町で「子育てリフレッシュ館」が建設中(2017年12月)
子育てリフレッシュ館の愛称がリラットに決定(2018年2月)

カテゴリ : 話題 

この記事へのコメント

1. ほっちゃん   2019年12月27日 15:44
絵本見ました。正直言うけど、全く面白くなかった。この絵本を作るのにどれだけの人が働いて、どれだけの税金がかかったの?市民の誰がこれを希望したの?
お金の使いどころ間違ってる気がしてならない。保育士さんや保育所をもっと増やして欲しい。