1/12(日)に行われた令和初の「三井のお弓式」。今年も新成人が弓を放って2020年の天候を占った!

美井三町自治会館(美井元町)前の広場で「三井のお弓式」が1月12日(日)、行われました。

P3120056

この行事は寝屋川市の無形民俗文化財に指定された地域の伝統的な神事で、新成人が弓を12本射ることにより、その年の天候や農作物の豊凶などを占うというものです。
P2760321

P3110988

13時ごろから友呂岐神社(香里本通町)で新成人に対する儀式が行われ、その後近くの自治会館に移動して弓を射た(14時~)流れです。
P3120006

時間になると裃姿の新成人が2人現れ、お弓式の伝統について軽く説明が入ります。
P3120026

司会から新成人の名前が紹介されると、すぐに弓を射る準備が始まりました。
P3120047

弓は交互に2本ずつ3回(計12本)放ちます。

まずは1セット目です。誰から指示されるまでもなく、ざわついていた会場が静まりかえります。まるでゴルフの決勝パターを打つ瞬間のようです。

1本~3本目は、最初から見事命中!
P3120056

P3120066

会場から「お~!」という歓声が上がります。(当たった瞬間の会場の雰囲気は2018年の動画を参考にしてください。)

4本目は外れましたが、幸先の良い出だしです。

1セット目(1~4本目)が終わると一度裃を着なおし、向かい合って儀式のようなものを行います。
P3120079

P3120086

P3120089

続いて2セット目(5~8本目、座るタイプ)、3セット目(9~12本目、立つタイプ)も繰り返し、全部で9本が命中しました。今年の新成人はかなりの腕前でした!
P3120098

P3120136

P3120138

12本射終わると、友呂岐神社の宮司から飛んだ場所に基づいて今年の天候が占われました。

占いは、以下の通りです。

・1月:的の中心の右上に命中したので、比較的順調な年の始めを示している。上の方に当たったのは、先日南風がきつい日があったことや暖かい日が続いているのを示しているのもしれない。

・2月:的の外側の上に命中したので、南からの強い風を表しているのか、あるいは気温が高い状態を表しているいるのだろう。春一番と呼ばれる強い風に気をつけた方が良いかもしれない。

・3月:右側の少し下に命中したので、ひょっとすると気温が低い月になるか、あるいは右に寄っているので西からの風が強くなるかもしれない。

・4月:右側に的が外れたので、東の方角の方に風が強くなる(西風がかなり強くなる)のではないか。

・5月:右側に辛うじて的に当たったので、そんなに大きな災いはないが、西からの風が比較的強くなる月になるのではないか。

・6月:左下(地面の方)に外れたが、昨年も下に外れて地震があった。今年もひょっとすると、南西地方で地震の恐れがあるかもしれない。

・7月:左上(外のラインの内側)に命中したので、比較的穏やかな季節になるのではないか。

・8月:的の上側(上の端の方)に当たったので、南風がすごく強い、気温も上がる猛暑の8月を示しているのかもしれない。

・9月:右下に弓が外れた。地震の解釈もできるが、日本列島は北東に長い島国なので、南西からの風が吹く、大変な猛暑よりかは気温が和らぐという事を示しているのかもしれない。

・10月:比較的中心に近い真上に当たったので、穏やかな月になるのではないか。

・11月:南東の的に当たった。北からの風が強いという事ならば、やや早い冬の訪れを示しているのかもしれない。

・12月:真ん中のやや左側が当たったので、穏やかな年の瀬を迎えることができるのではないか。

2020年も良い年になると良いですね。

【地図】

【関連記事】
消防出初式(2019年1月)
成人式(2018年1月)