ねやがわPR大使の又吉直樹さんと門井慶喜さんが「こんなときこそ本を読もう」と子供達を応援!産経新聞に掲載された広告で

2020年3月に「ねやがわPR大使」に就任した又吉直樹さん(お笑い芸人・作家、第153回芥川賞を受賞)と門井慶喜さん(歴史小説作家、第158回直木賞を受賞)の2人が、産経新聞(4月1日、北河内版)に掲載された広告で子供達に「こんなときこそ本を読もう」とメッセージを送っています。

ねやがわPR大使 第1弾
※寝屋川市企画三課提供

この広告は民間企業(広告会社の企画、寝屋川市内の事業者の広告出稿等)の協力を得て無料での掲載が実現したもので、PR大使としては初の仕事となります。
P3160529

広告に使用されたのは、3月の就任式で交わされた質疑応答の内容です。

Q:新型コロナウイルスの影響で学校が休校になっていますが、作家として子供達にアドバイスはありますか?
・こういう時こそ本を読んで欲しいという思いがあります。「自分の本を読んで欲しい」とか「買って欲しい」というよりかは、1人の読者として「本は面白い」と思うし、本を読むと普通の日常も楽しくなってきたりもすると思います。

2人とも読書好きの作家という立場で子供達を応援しています。

「ねやがわPR大使」は、寝屋川市にゆかりのある&様々な分野で活躍する著名人を大使として任命し、様々な機会(市のイベントなど)を通じて寝屋川市の名を全国に広めてもらうための制度です。

これからも2人の活躍に期待したいものですね。

【関連記事】
又吉直樹が文芸誌デビュー / 芥川賞受賞の垂れ幕が登場
流行語大賞に又吉直樹がノミネート / 又吉直樹が ベストドレッサー賞を受賞
寝屋川市在住の門井慶喜さんが第158回直木賞を受賞(2018年1月)