本格アジアンランチ!「ワルンスミニャック」(境橋町)で食べたナシゴレンランチ【ねやつーグルメ】

寝屋川市のグルメ情報を紹介する「ねやつーグルメ」のお時間です。

紹介するのは成田山にも近く、同志社香里高校の目の前にあるアジアン料理「ワルンスミニャック」(境橋町)です。

こちらがお店の外観です。
オシャレな雰囲気で住宅街の風景の中でお店周辺だけリゾートな外観となっています。
実はこちらのワルンスミニャック、
インドネシアのバリ島の有名ホテルで働いていたシェフのお店らしく、期待が高まります。

入店前にお店の前でいったんメニュー確認。
何にするか迷うところですが、インドネシア風の焼き飯であるナシゴレンに決めました。
個人的に大好きな上にインドネシアを代表するメニューですし。

外観もそうでしたが、お店に入ってみるとリゾート感がよりアップ。

インドネシアの神様、ガルーダの像なども置いてあり、異国情緒あふれる内装となっています。

席に座ってナシゴレンを注文しようと思ったら、セットのドリンクを何にするか決めてませんでした。
そこであらためてメニューを確認するとバリコーヒーという気になるドリンクを発見。
これにしてみましょう。

注文後しばらくするとセットのサラダ、スープがまず運ばれてきました。
そこからまたしばらくして、ナシゴレンが到着!

ドーム状に盛られた焼き飯の上に半熟の目玉焼きが乗っています。
ナシゴレンのお皿には、紅白なますのようなお漬物、
それとアジア料理でお馴染みのえびせんもついています。
あの美味しいけど食べると口の中の水分が無くなるヤツです。

それでは、いただきます。
と、その前にまずはスープを一口。
春雨とチキンの入ったスープはものすごく具沢山でメインへの期待も高まります。

それではあらためて、ナシゴレンをいただきます。
まず一口。
めちゃくちゃ美味しいです!
しっとりと炒められたご飯はコクがあってスパイシーでアジアンなテイスト。
そのままの状態では辛くはないのですが、料理横に添えられた辛味噌的なソースはかなり辛口。
そこそこボリューミーなナシゴレンですが、上に乗った目玉焼きも崩して味変させながら食べると、あっという間に完食。
住宅街の真ん中にあるお店とは思えないくらいの本格派でした。

シェフの経歴を考えると当たり前なんですが、
正直ここまで美味しいインドネシア料理が食べられると思いませんでした。

食後には気になっていたバリコーヒー。
バリコーヒーは、ベトナムコーヒーと同じタイプで、
コーヒー豆の粉が一緒に入っているコーヒーで30秒くらい待って粉を沈ませて飲むそうです。

バリコーヒーは苦味とコクが力強く、ブラックの状態そのままでもいいけど砂糖とミルクの方がオススメ。
辛い口を甘く洗い流してくれます。

ワルンスミャックではランチ営業以外にも夜もディナー営業していて、
バリ島の雑貨も販売されているので、いろんな場面でオススメできるお店です。

【ワルンスミニャック店舗情報】

店名ワルンスミニャック(Warung Seminyak)
営業時間ランチ11:00~15:00
ディナー17:00~22:00(ラストオーダー21:30)
※営業時間や定休日は変更になる可能性もあるので、
来店時は事前にお問い合わせください。
定休日第1金曜日(第3金曜日のランチ営業は休み)
※12/26~1/7までお休み
住所大阪府寝屋川市境橋町28-34 ニューハイツ香里園 107
電話番号072-802-3378
ホームページhttps://warungseminyak.owst.jp/

【関連記事】
インドネシアンカフェの「ワルン・スミニャック」が開店(2014年4月)