萱島東1丁目の「あけぼの食堂」が閉店。萱島中央商店街で51年間営業していた生そばのお店

萱島東1丁目の「あけぼの食堂」が10月31日の営業をもって閉店しています。

P2260812

場所は萱島駅東口から萱島中央商店街に入って400mほど行ったところです。
P2260804

振り返ると、こんな感じ。
P2260808

このお店は生そばや定食などが味わえることでお馴染みでしたが、シャッターに以下のような閉店のお知らせが掲示されていました。
P2260805

それによると、51年間この場所で営業を続けてきたそうです。

51年前の1966年は、東京オリンピックが終わった直後の高度経済成長期で、4年後に大阪万博を控えていたという年に当たります。

萱島中央商店街は古くから営業しているお店が多い地域ですが、その中でも最古参の部類だったのではないでしょうか。

そのようなお店が閉店してしまったのは本当に寂しい限りですね。

営業お疲れ様でした。

【地図】

【関連記事】
萱島中央商店街の京阪温泉が閉店(2016年8月)