寝屋川市駅のホームの売店にネスカフェスタンドが開店。淹れたての本格的なコーヒーを販売

京阪寝屋川市駅の大阪方面行きホームに「ネスカフェスタンド」が3月20日(水)、開店しました。

P2870027

ネスレ日本が2016年12月から展開するお店で、イタリアの街角で見かける「バール」(立ったままエスプレッソを楽しむカフェ)をモチーフに、淹れたての本格的なコーヒーを販売します。

お店の場所は、売店「アンスリーSAM」内のレジ付近です。
P2870031

P2870030

レジは共通運用(ネスレ日本と京阪がコラボする形です)となっており、売店の人に注文すればコーヒー、カフェラテ、カプチーノなどが購入できるみたいです。

ネスカフェスタンドは阪急の駅に多く展開していて、京阪の駅ではアンスリー大和田店(大和田駅の改札内。下の写真)に続いて2店舗目になります。
P2610288

寝屋川市駅のお店はホーム上にあるので、電車を待っている時に利用できそうですね。

【地図】

【関連記事】寝屋川市駅の設備に関する記事
バスの発車時刻のモニター設置旅客案内モニター設置
・喫煙コーナーの廃止(予告編撤去後の様子)、LED化エスカレーターの工事
・トイレ(使用中止にリニューアル