建設中の道仁病院の新病棟が完成に近づいてる。黄色い外観が明らかに

建設工事が行われている「道仁病院」の新しい病棟(仁和寺本町3丁目)の外観が、ほぼ完成した状態となっています。

現在の道仁病院は仁和寺交差点の南西角にありますが、建物の老朽化が進んでいることなどから、病院の駐車場の跡地に移転・新築することになったのはこれまでの記事でお伝えした通りです。

※現在の道仁病院(仁和寺交差点から撮影)

移転先の場所は、現在の病院から府道13号京都守口線を京都方面に400mほど行ったところ(宝町交差点の手前)です。

新しい病棟は地上4階建て、高さ19m(着工前に設置されていた看板より)。黄色い外観が印象的です。

※裏側から撮影

現在の病棟(63床)と比べると高さが低いですが、その分ワンフロア辺りの面積が広いということでしょうか。

道仁病院(公式ホームページ)は大腸肛門科、内科、外科、整形外科の診療科があり、肛門疾患の専門的治療を行っているのが特徴の病院です。

前回の記事で病院の関係者からいただいたコメントによると、2021年春の移転を目指しているみたいですよ。

【地図】

【関連記事】
寝屋川生野病院が開院(2013年7月)
・藤本病院(増改築計画新館建設中の様子リニューアル
・道仁病院(着工前建設工事中

※「ひろき」さん、「ぴかぴ」さん、情報提供ありがとうございました!