宝町の山陽化工 関西工場が解体されてる!府道13号線沿いに1960年からあった工場

宝町(寝屋川市西部)の山陽化工 関西工場だった建物が解体されています。

P2100171

場所は府道13号京都守口線沿いで、葛原交差点と新宝町交差点の間の部分です。
P2100163
※守口方面を向いて撮影

府道側は全て防音シートに覆われ、建物の様子が見えなくなっています。
P2100188

P2100179

中では重機が作業を行い、着々と解体工事が進んでいる様子でした。

山陽化工(本社:東京都中央区、公式ホームページ)は、プラスティック製品のコンパウンド加工を行っている会社で、国内だけでなく海外にも展開していることでお馴染みです。

寝屋川市にある関西工場は1960年12月から半世紀以上にわたって稼働してきました。
P2100157

P2100176

関西工場の閉鎖後は、関東工場に生産体制を移しているようです。

旧関西工場の解体工事が始まったのは5月9日のことで、8月5日まで行われる予定となっています。

跡地の利用方法については不明ですが、今後の動きに注目ですね。

【地図】

【関連記事】
牛乳以外のことならお任せ!宝町の京阪牛乳(2014年10月)

※「ひろき」さん、情報提供ありがとうございました!