点野3丁目の狭い路地にある電柱、設置場所が道路の真ん中過ぎない??

点野3丁目(寝屋川市西部)の路上で、珍しい位置?に設置された電柱を発見しました!

こちらの右側の電柱なのですが、立っている場所が道路の真ん中寄り過ぎると思いませんか?ただでさえ道路が狭いのに、更に通りにくいことになっています。

P1640479

軽自動車でもコレですからね~。大きな車だと本当にギリギリなのではないでしょうか。…と思っていたら、電柱がない場所では軽自動車が2台並べるぐらいの道路幅があることが分かりました!
P1640480

やはり電柱が道路を狭くしているようです。しかも左側にも電柱があるというオマケ付きです。電柱は左右ともに奥まで続いているのですが、左側に統一することはできなかったのでしょうか。

右側の電柱が道路の真ん中寄りにある理由は、道路の下に用水路のようなものが流れているからのようです。ここから少し先に行くと、地下から顔を出している用水路を見かけることができました。
P1640481

点野といえば、細い路地が迷路のように入り組んでいることでお馴染みですが、昔は田んぼのあぜ道に用水路が流れていたりしたんですかね。

そんな昔の光景を思い描きたくなった筆者なのでした。

【地図】

【関連記事】
日本ペイント点野分室が閉鎖(2015年9月)