9/10(火)夕方に大阪市内で発生した反薄明光線。8月に続いて9月も発生しやすい条件がそろっているのかも

8月上旬に寝屋川市内で大気が割れたように見える「反薄明光線」が発生したと話題になりましたが、9月10日(火)の夕方にも再び見ることができました。

P3010314

寝屋川市内の写真ではなくて申し訳ありません(18時台に大阪市内で撮影)が、空の色が途中で線を引いたように変わっているのが分かります。
P3010318 - 2

おそらく寝屋川市内でも見ることができたのではないでしょうか。

反薄明光線は、雲の切れ間から漏れた太陽光線の影が光線のように見える現象で、太陽が雲に隠れている&大気中の微粒子が条件を満たしている時に起きるのだそうです。

先月(2度記事にしました)に続いて今月もこの現象が発生しやすい気象条件がそろっているのかもしれませんね。

【関連記事】
・皆既月食(2014年10月2015年4月2018年1月) 
・部分日食(2016年3月2019年1月)、火星が地球に接近(2016年6月)