深北緑地でいろんな品種の桜が咲きだしてる【寝屋川フォト】

大阪府営深北緑地ではさまざまな桜が咲き始めているようです。

取材時は3月18日(木)。寝屋川市の気温は20℃ほどにもなり、天気の良い日でした。寝屋川市と大東市をまたいだ位置にある深北緑地ではさまざまな品種の桜が咲き始めています。

まず目を引くのはこちら。1枚目の写真と同じ木です。満開の花が咲き誇っていて、ちょうど見頃の様子でした。

一重咲きの白い花びら。香りが強いのも特徴でした。この時期に満開を迎えていますし多くの花をつけているのでおそらくオオシマザクラでしょうか。

こちらはカワヅザクラ。早咲きの品種として市内でもよく見かけますね!

これはソメイヨシノ。撮影してたらいきなり虫が飛んできたのでかなりビビりました。笑 アブの仲間かな?

まだ枝先がポツポツと開きだした程度でしたが、ふっくらした蕾をたくさんつけていました! もう1週間もすれば見頃ではないでしょうか。

これ初めて見ました。「寒緋桜(カンヒザクラ)」という早咲きの品種だそう!

主に沖縄に多い品種で、釣り鐘みたいに下にぶらさがった花が特徴なんだそう。濃いピンクで小ぶりの花弁がかわいい花でした。

おまけ。菜の花もキレイでした。

夜はまだ冷えるときもありますが、日中はぐんぐん気温も上がってきていますね。開花情報を調べてみると大阪府は3/19開花、3/28満開予定みたいです。(参考:さくら開花予想2021

ちなみに寝屋川市長によると、今年の花見のキャッチコピーとして『今年の花見は、“桜が主役”』を推奨しているそう。

飲食はできるだけ控えて、「桜を主役に」楽しんでほしいとのこと!

【地図】

【関連記事】
国松北口〜成田山境橋口交差点に早咲きの桜が咲いてる【寝屋川フォト】(2021年3月)
石津東町で今年も早咲きの桜が咲いてる【寝屋川フォト】(2021年2月)