夜空に浮かぶビーバームーン。今回の満月は半影月食も発生するみたい

11月30日(月)夜にビーバームーンと呼ばれる満月が観測されました。

ビーバームーン-2

ビーバームーンは11月に観測される満月の愛称(英語圏では毎月観測される満月に呼び名があるみたいです)で、今年のビーバームーンは満月の半分が暗く見える「半影月食」も同時に発生するとして、話題になっています。

半影月食が発生するのは、2020年6月の満月(ストロベリームーン)以来、5か月ぶりです。ウェザーニュースによると、今月の半影月食は以下の時間帯で発生するのだとか。

①16時32分ごろ:半影食の始まり
②18時43分ごろ:半影食の最大
③20時53分ごろ:半影食の終わり

今回の記事の写真を撮影したのは、17時45分ごろです。枚方公園の事務所から東方向を眺めると、建物の上に満月が出ていました。
ビーバームーン-1

満月の半分が暗く見えているようには感じませんでしたが、これから時間が経つと暗くなるのかもしれません。

雲もかかっていないですし、関心のある方はぜひ夜空を見上げてみてください。

【関連記事】
・皆既月食(2014年10月2015年4月2018年1月) 
・部分日食(2016年3月2019年1月)、火星が地球に接近(2016年6月)