アルカスホール (寝屋川市立地域交流センター)の『アルカス』ってなに?【寝屋川クイズ#273】

朝から寝屋川市のことがもっと詳しくなれる「寝屋川クイズ」のコーナー!

今回のクイズはこちらです。

寝屋川クイズ#273

Q:アルカスホール (寝屋川市立地域交流センター)の『アルカス』ってなに ?

(1)ギリシャ神話の登場人物
(2)星座の名前
(3)設計士の名前が「アルカス」さん
(4)「さくら」の逆読み

アルカスホールとは、早子町にある市立地域交流センターです。コンサートも開催できる大ホールをはじめ、音楽スタジオなどを備えた多目的施設。

そんなアルカスホールの『アルカス』って一体どういう意味なんでしょうか?



正解は、






(4)の「『さくら』の逆読み」でした!

アルカスを英字表記にすると「arukas」。つまり市の木である『桜(sakura)』を逆読みした形になっています。

ホールの公式サイトでも、

市の木であるさくら(sakura)のローマ字を逆読みした愛称“アルカス”

引用:アルカスホール公式サイト

と、記載されています。


ちなみ余談ですが、(1)の「ギリシャ神話の登場人物」と(2)の「星座の名前」は実質同じ選択肢です。

どういうことかと言いますと、「おおぐま座・こぐま座」という、北天に位置する一般的な星座がありまして、おおぐま座の一部分(具体的には尻尾の部分)のことを某世紀末覇者伝でおなじみの「北斗七星」と呼びます。知っている方も多いのでは?

そして「おおぐま座」のちかくに佇むのが「こぐま座」。このこぐま座は「アルカス」さんというギリシャ神話に登場する人物をモデルにした星座なんです。

この話はめちゃめちゃ長くなるので詳しく知りたい方は↓こちらでどうぞ!


皆さんは正解しましたか…?

次回の寝屋川クイズも、お楽しみに!

【地図】