寝屋川、枚方、守口、門真。製造業の事業所数が最も少ないのは、何市?【寝屋川クイズ】

朝から寝屋川市のことがもっと詳しくなれる「寝屋川クイズ」のコーナー!

今回のクイズはこちらです。

Q:次の4市の中で製造業の事業所数が最も少ないのはどれでしょうか?

(1)寝屋川市
(2)枚方市
(3)守口市
(4)門真市

※2019年の統計データで考えるものとします。

正解は、






(1)の「寝屋川市でした!

ソースは寝屋川市の基礎的な統計情報を網羅した寝屋川市統計書2020年版です。第5章・製造業の4に「府内各市の製造業の推移」(2010〜2019年)が掲載されています。

それによると、4市の製造業の事業所数(従業者数)は以下の通りです。

(1)寝屋川市:208(7578人)
(2)枚方市:286(1万8122人)
(3)守口市:246(5466人)
(4)門真市:288(1万4305人)

4市を比較すると、事業所数は門真市、枚方市、守口市、寝屋川市の順番に多いのが分かります。門真市、守口市はパナソニックをはじめとする製造業の事業所が多いイメージがありますが、統計データでもそのような結果が出ています。

ちなみに寝屋川市にある製造業の事業所数(2019年)は、2010年の285(8848人)から減少しています。(4市とも9年間で減少)

工場が移転したり、廃業したりするケースが多くみられるのかもしれません。

皆さんは正解しましたか…?

次回の寝屋川クイズも、お楽しみに!

【関連記事】

※情報提供はこちら

広告の後にも続きます

広告の後にも続きます