三井と美井。先にあった地名はどっち?【寝屋川クイズ#163】

朝から寝屋川市のことがもっと詳しくなれる「寝屋川クイズ」のコーナー!

今回のクイズはこちらです。

Q:寝屋川市北部にある地名「三井」と「美井」は、どちらが先にあったでしょう?

(1)三井
(2)美井
(3)ほぼ同時

三井 クイズ用-1
※資料写真(三井南町、2016年撮影)

正解は、
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
(1)の「三井」でした!

三井 クイズ用-2
※資料写真(伝統行事・三井のお弓式

「三井」(みい)は寝屋川市北部に古くからある地名で、かしの木公園(オークヒルズ香里の横にある公園)の石碑によると、平安時代には既に「茨田郡三井郷」という地名が存在していたとされています。

かつて「大字三井」という住所表記がされていましたが、戦後の人口急増期の住所変更により「大字三井」の一部が「美井」(みい)や「境橋町」の地名になりました。

・三井村:〜1889年
・友呂岐村大字三井:1889〜1943年
・寝屋川町大字三井:1943〜1951年
・寝屋川市大字三井:1951年〜

「美井」の地名が誕生した詳しい経緯は不明ですが、当時は「歴史を大事にしていない」という意見を持つ人もいたようです。

近隣に同じ読みの「三井」と「美井」が混在しているのは、少しややこしいかもしれませんね。

(1)三井の地名
・三井南町
・三井が丘

(2)美井の地名
・美井町
・美井元町

皆さんは正解しましたか…?

明日の寝屋川クイズもお楽しみに!

【関連記事】