寝屋川から7時間国道だけドライブ対決!南へ向かってたら気がついたら高野山にいたけど白浜いきたい

前回までのあらすじ

2チームに分かれて、香里園から車で7時間で走ってどこまで離れられるか対決に挑んだ、

南を目指すの2人と、

東に向かったの2人。

この記事では白浜を目指すゆうぽん&お枚の方チームの行方第二弾をお届けします。
前回までのあらすじとしては、和歌山県に突入したところで山道にはいり、ついに電波が圏外に…!という流れでした。

改めてルール↓

ルール

★スタート地点である香里園駅からどれだけ離れられるか2チームで対決
★制限時間は7時間
★ただ普通に勝負しても面白くないので、国道以外利用を禁止
★ただし国道1桁台については他の国道と交差次第曲がらないといけない。ただし重複区間はそれに限らない
★ねやつーということで、寝屋川っぽいモノを1つ見つけると合計に+1km。
★さらに「水辺」「歴史」「グルメ」の写真を撮影し、ジャッジして勝利すると合計に各1部門ごとに+10km。

7時間たった時点の場所と、スタート地点の2点を結ぶ直線距離が多い方が勝ち!
走った距離じゃないのが注意点ですよ。

国道しか走れないんですが、普通に考えると国道1、2号線、8、9号線あたりが強すぎるのでそこは強制的に曲がるという制約をつけております。

峠を攻める


「なんか気づいたらすんごい山登ってってますね」


「運転しながら車酔いするっていう、人生初の体験してるわ今」


「観光バス走ってるってことは、観光地なんかな?」

〜LINEにて〜

こ枚の方

寝屋川にかつてあったオークワ!

モモ

オークワー!!!!
怖い人形おったとこ

こ枚の方

TRIAL!!


「こっちが圏外のあいだに向こうチームやたらと寝屋川ポイント稼いできてますよ…!」


「やばいな…!まぁ圏外じゃなかったとしても建物もなければ看板もない山道やから意味ないんやけども!」


「いまの標高、東京スカイツリーと同じ高さらしいで」


「いつの間にそんな高いところに…」

そんなこんなでいつの間にかスカイツリーよりも高いところに来た我々は、高低差で耳が詰まったとか車酔いしたとか言いつつもどんどん登っていきまして…


「なんかお寺みたいなのありますよ!歴史ポイント稼ぎのために写真撮っときますね!」


「お、ほんまや!ちなみにここ観光バスも来るくらい大きなお寺みたいやけど、いったいどこなん?」


「どこなんでしょう。あ、門のところになんか書いてありますね。え〜っと…?
ここ高野山ですね

よく見たらちゃんと書いてました

ふたりとも知らない間に高野山に着いていたという珍道中感(笑)。こういう予想しないことが起こるのが、旅の醍醐味というやつですよね!

え?地図見てたら普通わかるって ?
そんな普通は地理ポンコツコンビには通用しません!(なぜかエラそう)

実はこの国道記事ロケの数日後に別件で高野山へ取材に行ってました。
高野山は言わずと知れた世界遺産ですよね!涼しいし観光にもいいところなので、旅の選択肢にもぜひぜひ。


高野山で無事歴史ポイントの写真をゲットした我々。
まだまだ山を登っていきまして、ついに標高1000m超えに。


「いつまで登るんですかね」


「延々と1本道で曲がることもできひんし、前に進むしかないよなぁ。ずーっと国道やからそこは安心なんやけど」

このあたりで目的地・白浜の標識を発見!


「あ!白浜温泉って書いてますよ!」


「ほんまや!でも、あと110kmかぁ…行けるかな。
なんか嫌な予感もするけど、とにかく進もか」

さらに登ること数十分、
道の駅「ごまさんスカイタワー」に到着!ここで休憩をとりつつ、作戦会議することに。


「うわ〜アレ見てみて」


「なんですか」


「『病院搬送まで約2時間携帯電話通話不能箇所が多くあります』やって」


「そんな怖い注意書き初めて見ました」

看板に戦慄しつつも、ここにきてやっと携帯の電波が入ったことに安堵感!
安全運転第一で進みます…!

ここ「ごまさんスカイタワー」は和歌山県で最も高い位置にあるそうで、なんと標高1282m!

ここで名物のごまさんソフトを購入!
めっちゃごま感濃厚!ついでにお枚の方の服装やネイルが、合わせてきたかのようにごま色!おそろいやん!


「ほんとはさぁ…白浜着いたらとれとれ市場いって、そこでグルメポイント写真撮ろうと思ってたんやけど、時間内に行けるか微妙なラインやわ。
というか無理かもしらん


「途中で間に合わないって気づくパターン、前回の勝負のときと同じですね」

そう、この時点で時間はすでに13時過ぎ。制限時間まであと2時間30分というところで、あと80km以上あるであろう白浜への道のりに黄色信号が灯ります。

今考えたら、無理かもって気づくの遅くない?(笑)

遅ればせながら焦ってきた我々は足早にごまさんスカイタワーをあとにして、先をいそぐことに。

まもなく龍神温泉ってところで、日高川にかかる吊橋を発見!


「ここで念の為写真撮って良い?万が一白浜間に合わんかったら水辺ポイントの写真撮られへんから」

ということで、保険をかけて吊橋に立つお枚の方をパシャリ!
こんな橋、サスペンスドラマか金田一少年の事件簿くらいでしか見たことない。

奇絶峡ってスゴイ名前とか言いつつも進んでいくと…

しばらくいくと龍神温泉に到着。


「うん、やっぱり白浜は無理やわ。
でも海辺までは多分行けるから、海が見えたらスグ写真撮って、そのあとはひたすら遠くに進んで距離稼ごう」


「勝負に勝てたら帰りにとれとれ市場寄りたいですね…!」

そんな勝利への希望を持ちつつ、長かった山道もついに終わり!

トンネルを超えるとそろそろ海ということで、お目見えするのをめっちゃスタンバイしながら走ってたんですが、まさかの並行して流れてた川がいつの間にか海に合流しているパターンで気づいたら海でした。

途中、降りられそうなところがあったのでそこでパシャリ。


「海〜!曇ってるけども!
テンション上がる!」

ここからはいよいよラストスパート!圏外で送れなかった分も含めて、寝屋川ポイントを探していきますよ〜!

ここで残り時間は約10分!
あとはひらすら海沿いを進んでいきまして……

15時30分、
終了〜〜〜〜!!!!

と、タイムアップしたところでこの記事はおしまい!

ここまでの道中はこんな感じ↓

果たして勝敗の行方はどうなったんでしょうか…

この企画は次でたぶん最終回!
明日はすどん&こ枚の方チームの行方第3弾をお届けします〜!お楽しみに!

この記事のつづき↓

【関連記事】