京阪電車の旧3000系が寝屋川車庫からくずはモールに移送された模様

今年の3月に京阪電車の特急型車両「旧3000系(8030系)」(⇒wikipedia)が役目を終え、唯一残っていたテレビカーが現役を引退するということで話題になりました。引退した旧3000系はその後、寝屋川車庫に留置されている状態が続いていましたが15日未明、そのうちの1両がリニューアル工事中のくずはモールに移送されました。

さすが惜しまれつつ引退した車両なだけあって、たくさんツイートされています。一部をご紹介いたします。

これらのツイートはめちゃめちゃリツイートされています。今回の記事も、これらのツイートを参考に作成させていただきました。ありがとうございます。

なお、旧3000系は府道京都守口線経由で陸送された模様。

樟葉駅前にある大型ショッピングセンターの「くずはモール」は現在Kids館と西館が取り壊され、来年4月のリニューアルオープンに向けて増床&建て替え工事が行われていますが、旧3000系はKids館跡(地上7階建ての南館を建設中)に移送されたようです。

なぜくずはモールに移送されたのかは不明ですが、昔のくずはモール本館の広場に蒸気機関車のD51があったように、ショッピングセンターの中に旧3000系が展示される可能性もあるかもしれませんね~。単にここで解体するとかだったら残念ですが。(お金をかけて先頭車両を移送してそれはないか。)

ちなみに建設中のくずはモール南館の様子はこちらです。鉄骨が組みあがってきました。奥に見えるのが2005年4月に建て替え工事が完了したくずはモール本館です。
IMG_5584

奥に見えるのが大阪歯科大学とくずはセンチュリータウンです。
IMG_5586

あまり寝屋川市民には縁がないかもしれませんが、今回の増床工事が完了すると、イオンモール大日よりも大きくなるかもしれません。

旧3000系の姿は工事の柵に覆われているからか、確認できませんでした。