朝日新聞で寝屋川在住の女性が「亭主関白なら娘を授かるか?」という質問を笑い飯の哲夫さんに聞いてる

朝日新聞の「笑い飯 哲夫に聞け」というコーナーで、寝屋川在住の女性が「亭主関白なら娘を授かるか?」という質問をされています。

LINK:(笑い飯 哲夫に聞け)亭主関白なら娘を授かる?(2013年9月11日付朝日新聞夕刊)
亭主関白なら娘を授かるか?

質問者様は息子が1人いるらしいんですが、そろそろ2人目を考えていたところ、親戚に「亭主関白なら娘を授かる」というアドバイスを受けたものの、夫は優しいのでどうすればいいか、という質問内容です。

それに対して哲夫さんは「この通りに従うのが得かと」とアドバイスされています。

今の新聞にはこんなユーモア溢れるコーナーがあるんですねぇ。

「質問者が寝屋川に在住」というだけでそれ意外は関係なかったですね(笑)たまにはこういった雑談も良いのではないでしょうか。後半は有料会員しか閲覧できないのでご説明すると、このコーナーはお笑いコンビ「笑い飯」の哲夫さんが、読者からの些細な質問に対してユーモアたっぷりに解決策を示すというものです。

過去の質問を見ると、「おかんがカレーを作りすぎます」というような質問がみられ、「せっかちな夫について行けません」など、恋人や夫に関する質問が多くなっています。

今回質問者は1人の息子がいる寝屋川在住の女性で、「親戚から夫が亭主関白だと女の子が生まれやすいと聞いたのですが、夫は優しいです。どうすればいいですか」と質問しています。

それに対して哲夫さんは、ユーモアを交えながら「その通りに従うのが得かと」と回答しています。

朝日新聞の夕刊はこのようなユニークなコーナーがあるんですね。(「時事ネタの内容が少なくて読む所がない」というとらえ方もできますが…)

今月は台風ネタをはじめとした時事ネタを使う記事が多かったですねぇ。寝屋川新聞もたまにはユーモアあふれる記事を書きたいと思います。