7/25、26の寝屋川市内は37℃の猛暑日を記録!暑さのピークは27日まで続く模様

梅雨の明けた寝屋川市内では、7月25日、26日の15時ごろに、猛暑日となる37℃を記録しました。

LINK:Yahoo!天気(2014年7月26日)
yahoo!天気 7月26日
7月21日に梅雨明けをした近畿地方。その時の記事で「梅雨明けの前後5日間には、移り変わりの時期がある」ということを書きましたが、梅雨明けから数日経ったところで、さっそく梅雨明けを実感させる猛暑の日となりました。

ここ数日、全国的に暑さが続いているのは、太平洋高気圧が本州まで張り出しているのが要因だそうです。寝屋川市内でも、最高気温がおおむね35℃を上回ると予想される日に発令される高温注意報が出され、熱中症に対する注意が呼びかけられていました。(記事の執筆時点では35℃を下回り、既に解除されています。)

熱中症を予防するには、こまめな水分補給や休憩を取り、できるだけ暑い所を避けるとともに、食事面や睡眠にも注意を払う必要があるそうです。

明日も高気圧の影響で暑い日となりますが、湿った空気と日中の強い日射の影響により、18時ごろから雨が降り、暑さは少し和らぎそう。

月曜日からの来週1週間は晴れるものの、最高気温が33~34℃と猛暑日を下回る予報の日が多く、ここ数日よりは涼しくなる模様です。

しかしながら、長期的に見れば、当初夏に発生して冷夏をもたらすとされたエルニーニョ現象が秋以降に発生する可能性が高まったことにより、8月は再びとても暑くなるのだとか。

私も昨日、今日と夏バテ気味ですが、皆さんは大丈夫ですか?

繰り返しになりますが、くれぐれも熱中症には注意いたしましょう!