摂南大生が西宮神社の「福男選び」で一番福に

摂南大学の学生が、兵庫県の西宮神社にて行われた「福男選び」で一番福に輝いたとして話題になっています。

P1050971
※資料写真(2014年1月撮影)

そのことについて映像つきで報道しているFNNニュース(1月10日配信)によると、

ゴール直前で1位に躍り出て、「一番福」となったのは、摂南大学1年生・陸上部の志和智徳さん(19)。
志和さんは、100メートルを11秒台で走るという。
志和さんは、「友達から『走ろうや』って言われて、ノリで来ました。(陸上の練習を)さぼりがちだったんですけど、これから、ちゃんと真面目に練習します」と話した。

とのこと。

志和さんが「一番福」に輝いた西宮神社の「福男選び」は、門が開くと約230m先の本殿を目指して参道をダッシュするというもので、毎年メディアでも報道される新年の風物詩になっています。(過去には妨害行為が問題になったことも。)

今年は約5000人が参加する中、志和さんは後半に逆転して見事トップで本殿に到着しました。(3位以内がその年の福男となる。)

寝屋川市民にとって「十日戎」といえば、住吉神社のねや川戎大祭がお馴染みですが、
P1320191

総本社の「えべっさん」でも福を手中に収めた縁起の良い男がいたようです。