フェルメール展 100万人目の来館者は寝屋川市の親子!大阪市立美術館で5/12まで開催中

大阪市立美術館(大阪市天王寺区)で開催中のフェルメール展の来館者が累計で100万人を突破し、記念すべき100万人目の来館者が寝屋川市在住の親子だったことが分かりました。

P1390893
※資料写真(本文と直接の関係はありません)

産経新聞などの複数のメディアで報じられています。

フェルメールは1600年代に活躍したオランダ生まれの有名な画家で、現存する作品が少なく希少性が高いのが特徴だそうです。

そんな世界中で人気のフェルメールの作品が6点も日本に集まったこともあり、68万人を記録した東京展(2018年10月~2019年2月)と合わせると、来館者が100万人の大台を突破。連日多くの人で賑わっているようです。

記念品を受け取った寝屋川市の親子はともに女性で、各メディアに感想を聞かれるなど取材を受けている様子でしたよ。

フェルメール展は5月12日(日)まで行われる予定で、ゴールデンウィーク中は開館時間を1時間繰り上げて開始する(8時30分~)とのこと。

【関連記事】
・()

※「名無し」さん、情報提供ありがとうございました!