鳥飼仁和寺大橋に2/27からETCXが導入されるみたい。事前登録・一旦停止型のETC。回数券・電子マネーは順次廃止に

鳥飼仁和寺大橋有料道路にETCX(事前登録型ETC)が導入されると発表されています。

「ETCX」は、ETCカードとクレジットカードを用いた多目的な新しいキャッシュレス決済サービス。

〈ETCXが利用可能な場所〉
・有料道路
・駐車場
・レジャー施設
・ドライブスルー
・ガソリンスタンド
ETCXの公式HPより

鳥飼仁和寺大橋有料道路の料金所は現在現金、回数券、電子マネーの支払いとなっていますが、回数券・電子マネーを置き換える形でETCXが導入されます。

大阪府道路公社のお知らせによると、概要は以下の通りです。

・利用開始日:2022年2月27日(日)12時
・対象:事前に会員登録した利用者
・利用方法:料金所で一旦停止
・特典:「まいど割」に登録した会員には割引制度あり
・障がい者割引:収受員への申し出で利用可能

ETCXは高速道路のETCとは異なるサービスであるため、事前に会員登録が必要です。会員登録とは別に通行料金割引 「まいど割」 の登録をすると、ETCX利用による1ヶ月あたりの利用回数に応じて、割引が自動的に適用されます。

回数券、電子マネーの廃止により、以下のような期限が設けられるとのこと。

(1)回数券
・販売:2022年3月末まで
・利用:2023年2月末まで
・回数券の払戻し期間:2023年3月1日〜2024年2月末(手数料無料)

(2)電子マネー
・利用:2022年2月27日12時まで(2021年1月導入
・利用方法:収受員から差し出されたカードリーダーにICカードをタッチ
・対象:100円の車種のみ

回数券や電子マネーを利用されている方は、ご注意ください。

【地図】

【関連記事】
鳥飼仁和寺大橋の無料化が2027年に延期(2016年12月)
鳥飼仁和寺大橋の自転車の通行料金が無料に(2020年11月)

※「7Nan」さん、情報提供ありがとうございました!(情報提供はこちら