京阪電車が回数券の発売を12/30、使用を3/31に終了。ICOCAのポイントサービスが12/1から開始へ

京阪電鉄が駅の自動券売機で発行している回数券の発売を2020年12月30日に終了すると発表しました。

回数券

回数券の利用率減少と交通系ICカード(ICOCA、PITAPAなど)の利用率増加を鑑みた措置で、自動改札機での使用も2021年3月31日までとなります。

発表内容(pdfファイル)は、以下の通りです。

・発売終了:2020年12月30日(水)
・利用終了:2021年3月31日(水)
・廃止対象券種:普通回数券、時差回数券、土・休日割引回数券
※身体障がい者、知的障がい者割引普通回数券、通学割引回数券は従前通り発売
※大津線については、既に今回の廃止対象券種について発売・利用を終了しています

回数券は10枚分の金額で11~13回分の切符(有効期限は3か月目)が購入できる特典がありますが、回数券の廃止に伴い、ICOCAの新たなポイントサービスを開始します。

発表内容(pdfファイル)は、以下の通りです。

・サービス名称:京阪電車ポイント還元サービス
・利用開始:2020年12月1日(火)初発

ポイントサービスに登録したICOCAの使用で、対象路線の同一区間を1か月間(1日~末日)に11回以上乗車した時にポイントが付与されるものです。

貯まったポイントは自動券売機などでチャージすれば、1ポイント1円として使用できるとのこと。(詳しくは報道発表資料をご覧ください。)

京阪電鉄の駅では6月にICカード専用の自動改札機が大幅に増えています。(切符対応の自動改札機は2台程度にまで減少)
P1020201

ICカードへの移行は時代の流れなのかもしれませんね。

【関連記事】
京阪バスがICOCA、PiTaPa以外のICカードの利用を開始へ(2016年3月)
京阪バスが磁気カードの利用停止を発表。代わりにICカードを活用した新しいポイントサービスを開始へ(2017年2月)
スルッとKNSAIの使用が終了(2018年2月)

※「けいしん」さん、情報提供ありがとうございました!