北河内地域各地の6青年会議所が枚方市社会福祉協議会にマスクを寄付

新型コロナウイルス感染拡大に伴うマスク不足を受けて、北河内地域各地の6青年会議所(ねや川青年会議所など)は枚方市社会福祉協議会にマスク約3000枚の寄付を4月28日(火)、行いました。

マスク 北河内
※ねや川JC提供

贈呈式では、本年度北河内地域青年会議所の主管である「一般社団法人守口門真青年会議所」(守口門真JC)の東野理事長が「日本全体が大変な中、積極的にこのような活動を地域に発信していきたい。この活動をたくさんの方々に知っていただき、助け合いの精神を感じていただければ」と挨拶。

それに対して枚方市社会福祉協議会の阪本事務局長は「これからもマスクが必要になってくる。今マスクはなかなか手に入らないので、すごく助かります。」と感謝の気持ちを述べました。

マスクは社会福祉協議会を通じて、介護施設や児童施設などに配布されます。

北河内地域の6青年会議所は、引き続き新型コロナウイルス対策合同事業として、5月には現在不足している献血事業を行う予定をしているとのこと。
マスク 北河内2
※ねや川JC提供

マスク 北河内3
※ねや川JC提供

【関連記事】

ねや川JCが「ハロウィン恋活パーティー」を開催(2019年9月)
・マスクの寄付(寝屋川市島忠ホームズ