寝屋川市が市立小中学校の授業のライブ配信を開始。選択登校制への対応で

寝屋川市は、6月15日から開始した市立小・中学校の通常授業について、選択登校制とするとともに、登校を控える児童・生徒向けに授業のライブ配信を開始しました。 

P3130630

寝屋川市では新型コロナウイルス感染症の影響で2月29日から休校していた市立小・中学校が6月1日(月)に再開しましたが、分散登校(半数ずつの登校)や選択登校制(録画した映像授業の選択が可能)を採用するなど段階的なものとなっていた経緯があります。

通常授業の移行後も選択登校制となったのに伴い、教室で行われる授業の様子をライブ配信できるようにしたのが今回の取り組みです。

ライブ配信は教室内に置かれた撮影用の端末+自宅の視聴用端末を通し、Skypeで視聴できます。
ライブ配信1
※寝屋川市企画三課提供

初日の6月15日(月)は教育委員長、教育委員らが集まり、ライブ配信を視聴しながら意見の交換会を行ったようです。
ライブ配信2
※寝屋川市企画三課提供の写真を修正

6月15日(月)時点でライブ配信の受講申し込みは12名ですが、第2波への対応や不登校や長期入院中の児童生徒への対応を踏まえ、ライブ配信は当面の間、実施する予定とのこと。

【関連記事】新型コロナウイルス関連の記事
・寝屋川市に感染者(1例目2例目3例目12例目
・10万円の給付金(受付開始申請書の発送
緊急支援パッケージを策定(2020年5月)