寝屋川市の水道料金の支払いがキャッシュレス対応に。~昨年導入された市税などに続いて便利に~

寝屋川市役所が水道料金・下水道使用料の支払いに、スマートフォンを使用したキャッシュレスサービスで納付できるサービスを7月1日(水)から開始しました。

P3130630
※資料写真(寝屋川市役所)

コンビニ納付(納入通知書による納付約14万件中9万7000件)、口座振替等に続く利便性向上策として打ち出されたもので、普及が進むキャッシュレス対応とすることにより、期限内の納付率向上も期待しているそうです。

利用可能な決済アプリは、以下の通りです。

・LINE Pay(無料通話アプリ「LINE」の決済サービス)
・PayB(登録した金融機関口座から即座に引き落とし)
・楽天銀行コンビニ支払いサービス(楽天銀行口座から即座に引き落としが可能)
・PayPay(チャージされた残高の中から引き落とし)

いずれの方法も自宅に届く納付書のバーコードをスマホのアプリを使って読み込みます。(利用者の手数料負担はなし)
水道料金 キャッシュレス
※寝屋川市企画三課提供

寝屋川市では2019年10月から以下の税目で「LINE Pay」やクレジットカードで納付できるようになっています

・市民税・府民税(普通徴収分)
・固定資産税・都市計画税
・軽自動車税
・国民健康保険料(普通徴収分)

水道料金もキャッシュレス対応したことにより、市に対する納付の多くはキャッシュレスでできそうですね。

詳しく知りたい方は、寝屋川市の公式ホームページをご覧ください。

【関連記事】

滞納債権整理を精力的に進めた職員が「地方公務員アワード」を受賞(2018年10月)
・10万円の給付金(受付開始申請書の発送
緊急支援パッケージを策定(2020年5月)