寝屋川市が水道料金の基本料金を2か月分免除するみたい。1月or2月検針分が対象

新型コロナウイルスが再び感染拡大している状況を受け、寝屋川市が水道料金の基本料金を2か月分免除すると発表しています。

phonto
※資料写真(寝屋川市役所)

様々な分野の支援を行う12月議会の補正予算(総額7億3000万円規模)で可決したもので、水道料金の基本使用料の免除は前回(2020年7月検針分or8月検針分)に続いて2回目。

今回は2021年1月検針分(奇数月の検針の家庭。2月請求分)または2月検針分(偶数月の検針の家庭。3月請求分)が対象となり、2か月分の基本料金(一般用は2120円)が手続きなしで免除されるというものです。

免除内容は、以下の通りです。

〈免除対象〉
・水道料金基本使用料(下水道使用料は対象外)

〈免除される2か月分の基本使用料〉
・一般用:2120円
・特定施設用:1万6500円
・公衆浴場用:5万7702円
・臨時用:1038円
・家事共用:2490円

水道料金は「基本料金+従量課金」で請求されるので完全に免除されるわけではありませんが、新型コロナウイルスで打撃を受けた家庭・事業者に対する支援になると考えられます。

新型コロナウイルスに関連する支援策は、水道料金の他にも様々な分野(テレワークの促進、感染拡大防止支援金など)行われています。

詳しく知りたい方は、寝屋川市の公式ホームページをご覧ください。

【関連記事】新型コロナウイルス関連の記事
・10万円の給付金(受付開始申請書の発送二重給付
・緊急支援パッケージ(第1弾第2弾

※「YT」さん、情報提供ありがとうございました!