ペルセウス座流星群が8/12(水)夜に見ごろ。寝屋川市の天気は残念ながら曇りの予報

真夏の夜空に多くの流れ星が出現するペルセウス座流星群が8月12日(水)夜に極大(ピーク)を迎えます。

ペルセウス座流星群
※出典:https://www.youtube.com/watch?v=P6mFXZlUR3w

ペルセウス座流星群(Wikipedia)は、しぶんぎ座流星群(1月)とふたご座流星群(12月)に並んで流星数が多い年間三大流星群のうちの1つです。

毎年この時期に1時間当たり30~60個もの流星が飛び交うことでお馴染みで、今年は最大で30個程度観測できるのではないかと期待されています。

見ごろを迎えるのは、12日(水)夜から13日(木)未明にかけて。12日(水)22時ごろが最も活発になり、それが未明まで続きます。

動画でそのイメージをご紹介すると、こんな感じ。


※2013年の様子

観測のポイントは、街灯や月明かりの少ない地点を探すことだそうです。放射点となる北東方向だけでなく、夜空全体を広く見渡して探すと良いそうです。

ペルセウス座流星群に関する情報について詳しく知りたい方は、国立天文台の公式ホームページをご覧いただきたいのですが…、

LINK:国立天文台 公式ホームページ
国立天文台公式ホームページ

気になる寝屋川市の天気は、12日(水)午後から13日(木)昼前まで曇りの予報となっています。曇って暑さが和らぐのは嬉しいですが、天体観測するにはマイナスの条件と言えそうです。

運が良ければ観測できるかもしれません。真夏の流星群に関心のある方は、ぜひ!

【関連項目】天体観測に関する記事
・皆既月食(
2014年10月2015年4月2018年1月) 
・ふたご座流星群(
2014年2015年
部分日食(2016年3月2019年1月2020年6月)