鳥飼仁和寺大橋の無料化延期が決定。予定より10年先延ばして2027年まで有料に

淀川に架かる鳥飼仁和寺大橋の無料化が当初の予定より10年間延期され、2027年となることが分かりました。

P1090070
※2014年3月撮影

管理者の大阪府道路公社が発表したもので、交通量が計画時の見込みよりも少ないため、設定されていた30年(1987年2月~2017年2月)の有料期間では建設費用(約100億円)が償還できないことに伴う措置です。
P1090026
※2014年3月撮影

朝日新聞の記事によると、交通量は見込みの半分程度(約1万台/日)にとどまっていて、40年間に延長しても50億円以上の債務が残るそうです。その場合も再延期せずに未償還のまま無料化される予定です。
P1900693
※2016年11月撮影

P1900678
※2016年11月撮影

現在鳥飼仁和寺大橋を渡るのに必要な通行料は100円(乗用車)で、割高感が利用の低迷につながっています。
通行料
※2014年3月撮影。増税後の大型車Ⅱは370円。

実際に鳥飼仁和寺大橋が無料解放されると、寝屋川市民にとってのメリットは大きいとみられるだけに、延期が決まったのは残念ですね。

【地図】

【関連記事】
美しい斜張橋の鳥飼仁和寺大橋(2013年8月)
鳥飼仁和寺大橋で車線規制が実施中(2016年11月)