香里園駅-香里かほりまち間のエスカレーターに屋根が増設されてる

京阪香里園駅から香里かほりまちへ向かう歩行者デッキの風雨対策工事が終了しています。

P1030718場所はこちら

大きな地図で見る

これまで香里園駅から東口バスロータリー(香里かほりまち)方面へ向かうエスカレーターは屋根が高く狭い構造のため、雨天時には雨が吹き込んでいる状態でした。(詳しくは8月13日の記事を参照)
IMG_7233

そのため、香里園駅東地区市街地再開発組合が主体となり、エスカレーターに雨よけひさしを増設する工事が行われることになりました。(工事中の様子を知りたい方は11月2日の記事をご覧ください。)
P1020003

12月10日までの予定で行われた工事は予定通り終了しました。今回の記事では工事終了後の様子を現地レポートいたします。

どのように屋根が増設されたのかというと…、

なんと水平方向でした。
P1030723

P1030716

P1030709

以前は屋根まで伸びている支柱は一部のみでしたが、今回の増設工事で全ての支柱が上部まで延ばされてることに。
P1030717

元々ここの屋根は採光などを考慮してか、南側が北側に比べて高い状態でした。そのため、南側方向は最上部に北側方向にはない垂直方向のガラスが設置されています。
P1030696

P1030719

それ以外の部分については、垂直方向にガラスなどは設置されませんでした。
P1030701

しかし、水平方向に2段構えで増設されるとは意外でしたねー。てっきり垂直方向に膜屋根を増設するのかなーと思っていました。この構造の方が横風の負荷を受けにくいのでしょうか。

今回行われた屋根の増設工事により、雨の日も濡れずにバスロータリーから駅まで利用できるようになりそうです。

【関連記事】
香里園駅から「かほりまち」へ向かう連絡デッキの風雨対策が実施される模様(2013年8月13日)
香里園駅と「香里かほりまち」を結ぶエスカレーターの屋根を増設する工事が始まっています(2013年11月2日)