香里園駅東地区再開発事業が完成。歩道が完備され、防災ゾーンも整備

2008年に着工した香里園駅東口再開発事業が2月に全て完成し、周辺道路の歩道が通行できるようになっています。

P1070911

場所はこちら

大きな地図で見る

香里園駅東口では、渋滞の緩和や利便性の向上を目指し、民間活力を導入しながら再開発事業が行われてきました。
第1期工事(関西医大香里病院やバスロータリー、ザ・香里園タワー)は2011年に完成済みで、「香里かほりまち」の愛称とともにお馴染みのことだと思います。
IMG_7293

・2008年:着工
・2010年7月:2街区が街びらき(関西医大香里病院が開院)
・2011年2月:3街区が街びらき(駅前バスロータリーやザ・香里園タワーなどが完成)
・2014年2月:1街区が街びらき(ザ・香里園レジデンスなどが完成)

今回の記事では、第2期工事が完成した様子(ザ・香里園レジデンスと周辺道路の整備状況)について現地レポートしたいと思います!

やってきました、香里園駅東地区。関西医大香里病院と今月から入居開始の高層マンション「ザ・香里園レジデンス」が目に入ります。
P1070843

それではここから線路沿い(府道八尾枚方線)を東側の歩道経由で北上していきます。
P1070846

P1070853

P1070859

交差点に到達。(振り返って駅方向を見ています。)
P1070883

以前の様子(下の写真2枚)と比べると、だいぶ綺麗になっているのが分かりますね。
IMG_7649

IMG_7656

この辺りには、災害時に備えて防災ゾーンが整備されました。安全・快適という再開発のコンセプトを徹底的に追求しています。
P1070876

座面を外すとかまどになるベンチやトイレを設置できるマンホールなど。
P1070878

防災照明は、車のバッテリーに接続できたり、ソーラーパネルの部分を取り外して持ち運びができたりする超優れ物。レスキュー用具も収納されています。
P1070935

続いて西側の歩道を時々振り返りながら駅方向に戻って行きますね。
P1070894

P1070902

P1070905

P1070986

P1070920

次に関西医大香里病院の東側から府道八尾枚方線に向かって坂道を下って行きたいと思います。(右側の歩道は半年ぐらい前から通行できる状態でした。今回取材すると、左側の歩道が新たに通れるようになっていました。)
P1070976

P1070942

P1070937

これで主要道路は全て歩道が設置されたことになります。香里園駅東地区再開発事業全体を振り返ると、新しいバスロータリーが設置されたり、超高層マンションが建設されたりして、町の雰囲気が大きく変わったと言えそうです。

最後に少し離れた所からザ・香里園レジデンスを見て終わりたいと思います!
P1080004

P1080012

長文失礼いたしました~。

【関連記事】
ザ・香里園レジデンスが半分ぐらいの高さになってきた(2013年3月28日)
建設中のザ・香里園レジデンスが最上階の高さに到達。周辺道路の整備状況もご紹介いたします!(2013年9月14日)
京阪の立体交差事業で香里園駅周辺はこうなる!2013年末に事業認可され、2029年に完成予定(2014年1月3日)
・ザ・香里園レジデンス
公式サイト